雪が降る

 愛はかなしみとともに

 のこされた純愛の日記の本の中から

 佐々木道子 17歳

a0151895_13204439.jpg


  雪が降る
  もう降り止むことを忘れたかのように
  しきりに雪が降る
  大きくて綿のような雪が
  私の髪の毛にも
  上衣の上にも
  首に巻いたマフラーの上にも
  えんりょなく降り積もる

  それもいたわるようにそっとのる
  とても静かな雪降り
  いつもは近くに見える山も
  今は灰色の空の中に
  とけて見えない

  天と地の境は消えた
  天にも地にも雪だけがある
  空を見上げると
  地上をめがけてまいおりてくる
  点々とした雪が
  限りない

  家も木々も、この小さな花壇も
  すべては白い雪に埋もれた
  何気なく降り積もる雪が
  かなでるリズムが
  平和の姿を思わせる
  この雪が冷たいなんて
  きっと嘘に違いない

  こんなに優しく降っているのに
  手袋をはめた手のひらをひろげて
  雪がのるのを待ってみた
  雪がすぐに期待に答えてくれた

  それを近くでじっと見ると
  美しい六角の様々な結晶が
  不規則に重なりあって
  そこに自然なる美を
  持っていた

  ああ、そうか
  雪は冬に咲く小さな花なのね
  すると私の周りは花園
  無邪気な空想が
  私を楽しくさせた

  時々寒くて身震いしたけど
  こうして雪化粧の中に
  立たずんでいることに
  とても満足していた
  ふと思った

  いつか写真で見たことのある
  どこかの広い雪野原に
  一人立たずんでみたいと
  どこまでも続く白い雪
  深く澄んだ空

  そして遠くに青く連なる山々
  きっとあまり美しくて
  雪の中に埋もれて
  眠ってみたくなるかも知れない

  それとも
  泣きたくなるかも知れない
  私はそんな世界に
  一人立たずんてみたい

[PR]
by yukikoi1 | 2013-01-13 14:06 | Comments(0)